女性用保険

女性用保険

30才になったら検診

女性の病気として代表的なものと言えば、まず頭に思い浮かぶのは子宮ガンではないでしょうか。 テレビコマーシャルで検査を勧めるような宣伝を子宮ガンという病気に実際掛かってしまった芸能人などを起用して啓発していますが、自分が病気になってみないとその重要性というものには気が付きにくいものです。 特に若くて元気な女性ならば「まさか自分が」と思うもので検査に自ら行くという事は、なかなかしないものだと思います。会社の健康診断では婦人科系の病気の検査をしてくれるという所は少ないと思いますので、より疎遠になりがちなのが実情だと思います。 しかしながら、子宮ガンの中でも子宮頸がんは若い女性でもなってしまう事が多く、妊娠して産婦人科に通う事になってから病気にかかっている事に気付いたという人も多いようです。そうなった場合病気の進行によっては赤ちゃんを諦めなければならない事もあり、精神的肉体的に辛い思いをする事になります。 自覚症状もほとんどないので、月経がしっかり毎月来ているという人でも30才になったら一度は検査を受けてみる事をおススメします。

検査前にこちらもチェック >> 女性特有の病気に備えた保険選び

乳がん検診

街の中でも最近では見掛ける機会も増えたピンクリボン運動ですが、これは女性の病気の中でも多いと言われている乳がん検診を積極的に受ける為の運動なのです。 女性にとって見た目にも大切な部分である、乳房に出来てしまうガンのであるこの病気は経験してみるとメンタルな部分でのダメージが大きい病気であると思います。 実際発見が早ければガン細胞がある乳房を取り除けば、命の危険を回避する事が出来ますが、女性にとって胸を失くしてしまうという事は、若い女性でなくとも辛いものです。 よく乳ガンになってしまた人の初期症状で現れる胸のシコリですが、もちろんシコリを感じる人は病院へ行って検査するべきですが、自分で判断が難しいものだと思いますので、早期発見の為にも定期的な検査をした方が良いでしょう。 検査費用が安い地域が開催している健康診断などでも、乳ガン検診をしている所があるので、そういう場所を上手く活用するのも良いかと思います。"

癌にだからこそ前向きに

女性ホルモンのバランスが崩れると体のあちこちに不調が出ることは広く知られていますよね。私自身30代で、そろそろ体に気をつけないととは思っていましたが、まさか女性ホルモン系の病気にかかるとは想像していませんでした。それで、不調があちこちに出たときに、その個々の症状に対処するサプリや薬を飲んでいたのです。その結果治療が遅れることになってしまいました。

まず最初に出た症状はにきびでした。このときは皮膚科へ行き、抗生物質とビタミン剤の対処でした。

私の友人ですが、乳がんになり右乳房の全摘手術を受けました。彼女は癌がわかるまではキャリアウーマンで仕事に熱心で忙しくしていました。食事も外食がほとんどで後はスーパーで買ってくる出来合いのお惣菜などが多く、不規則な生活が続いていたので心配はしていました。ですが、まさか癌になるとは信じられませんでした。彼女から乳癌だと知らされた時には私の方が取り乱してしまいました。 彼女は乳がんになってから、どうして癌になるのかをインターネットで調べたら、自分はまさになるべくしてなったと言いました。不規則な生活、欧米並の食事、ストレス、運動不足、癌家系と全て当てはまっていたと言いました。 彼女は退院してからというもの、180度生活を変え、規則正しくし、食事も自然の物で作り、また有酸素運動が治療に良い効果をもたらすとの事でスイミングも始めました。片方の乳房がないのですが今はシリコンパットという物があるので負い目なく泳げると喜んでいました。5年以内に転移が見られなければまず大丈夫ということなのでとても前向きに生活しています

注目の記事一覧

癌にだからこそ前向きに
"私の友人ですが、乳がんになり右乳房の全摘手術を受けました。彼女は癌がわかるまで...

乳がん検診
"街の中でも最近では見掛ける機会も増えたピンクリボン運動ですが、これは女性の病気...

お母さんを襲う病気、マタニティブルー
"「マタニティブルー」という言葉がありますよね。 私は以前その言葉を知ったとき、...